« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

ゼッケン何番やろ

11月5日の美馬スーパーエンデューロと12日のガルルカップへの申し込みを親分に頼んで完了。焼肉代に消えてないか、このお金でマカを買ってないだろうかと心配していたが 領収をもらったので一安心(゚ー゚) 後は明日 85のタイヤ交換と整備して準備完了といった具合。 運命を左右しそうな天気は ひとまず晴れ予報ということで・・・残念。マディの方が混戦になって面白いのになぁ。 前回は完走目標でエスケープルートも使ったりしてたんですが 今回はもちっと攻めてみようかと目標変更。ライバル親分で頑張りたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

85選手権in土佐

今日は出足から調子が悪く イリジウムプラグが死んでどうにも駄目。メカ師匠に見てもらい ノーマルの8番を掃除してなんとか復活。しかし濃いのに変わり無いのでキャブを調整しないと不安を抱えたままとりあえずFDさんとの約束の土佐練習に向かう。 師匠の所で生さんとも合流して一緒に行くことに。

日曜の土佐は人が多い。IBやら早い人達もたくさん。最近はコースを走らず、自分は山ごもりなので 黙々と1時間ウッズを楽しんで 沢を5セットと練習。久しぶりにユッキーの森にリベンジを掛けるも、やっぱ辛いスムーズにクリアできず・・・敗退。 終盤、コースに人がまばらになったのを見計らって 今年のジュニア65 1位のケンタくんと3位のトモカズくんが85で練習していたので おじさんも混ぜてもらうことに。85が3台で模擬レーススタート、自分が先行スタートするも 1週目のウォッシュボードでトモカズくんにあっさり抜かれる・・・。Σ(´Д`;) その後ケンタくんのラインをずっと妨害しつつ4週でフィニッシュ。 アカン おっさんじゃかないません。 後ろからのプレッシャーに弱い自分。駄目だなぁ ジャンプは怖いし苦手だ。

親分 練習相手にはトモカズくんが一番かもしれませんよ。自分より早いですから。いっぺん勝負してみてください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

普通の林道

大野見でいつも 通りながら気になっていた林道。これ以外にも山を見たら いくつも道はあるし 草ぼうぼうの ウサギかイノシシ道みたいなのもたくさんある。一日でも走りきれないだろうな・・・。 

2006102711593820061027115957 入り口はフラットダート。

奥はどこへ繋がるんだろ。

なんの道を造っているのか解らないが 最近 七子峠から窪川にかけて山が伐採されてモトクロスコースやらクロスカントリーなど 結構目につきだした。 見ていたら走りたくなってしまう・・・。あれ舗装前に全部繋げてくれたら 距離の長いダートが完成するなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

不思議な少年

今日 会社前で作業をしていると 一人の若者が近づいてきた、まぁいつものこと道でも訪ねるのかなと想像したのだが 出てきた言葉に意表をつかれてしまった・・・。

「すいません・・・ハリカの近くの潰れたスパー辺りまで積んで行ってくれませんか」

はぁ?Σ(゜ロ゜;)!! ですよ。あんた初めて会ってそれかえ。しかもこっちは仕事しゆの見て解らんかえ。新手のヒッチハイカーにしては距離が近すぎる・・・。意味わからんし。(と心の中で叫ぶも笑顔で対応) しかしまぁ 見たところリュックを背負って か細い秋葉原にでも居そうな子若いし。身体とケツの穴の心配はしなくてよさそうなので ここは江戸っ子 理由も聞かず 「そうかえ・・・ほんなら乗せて行っちゃらあえ」と二つ返事で 愛車スマートに乗せて出発。 ハリカまで僅か1,2キロの距離ではあるが 親分に手を振りつつ送ってあげました。これが女の子なら もう梼原だろうが市内でもどこでも喜んで積んで行きます。

車内でどこへ行くのか 用事は何か聞くも 濁す感じだったので深くは聞きませんでしたが 彼はいったい 何者で何の目的で須崎に着たのか謎です。 JRで多ノ郷駅で降りて歩いてきて 自分に声を掛けたみたいですが 何故 大間駅で降りなかったのか不思議。人身事故で予定より列車の到着時刻が遅れたとも語っておりましたが・・・。

どろんこサッカーで 仮装についてひとことも記述も無いのに うさぎの覆面で出る人やら 世の中不思議な人がいて 楽しいもんです。 今日の一件も有る意味楽しめました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

XR230

先日 大先生に履かせて頂いた モトクロスタイヤ。見事に・・・泥除けにズリズリこすっていました。ガレージを出てからすでに大きな音を響かせていたのですが まぁ走ってる内に減るから大丈夫やろと気にしないことにして。

早速 林道にて昨日走ったところ 全く食いつきが違う。走るし止まる滑らない。雨降り後で落ち葉など滑りやすかったんですが ノーマルより断然良い。これからはXRも練習用に戻します。寒くなってきたことだし通勤はおあずけ。 今度連れて行ってもらえると言う ウサギ道!不安でもあり楽しみでも有ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

TGTリンクス 練習

疲れた・・・。練習がというより話し疲れかもしれない。 TGTから須崎に帰ったのが18:00 それから親分にあいさつに行って 矢野師匠の納車を拝見に行ってと帰ってきたのが23:00と 練習よりこっちのほうがメインになったくらいの1日でした。

20061022151940  てんちょうさんの車にあいのりの柿。

フルサイズがやっぱさまになる。

 

今日は「生」さんが行きも帰りも運転手とご苦労様です。お世話になりました。自分は4時間耐久レース以来のTGTで本コースを走るのは初めてでした。 本コースはそこそこに 脇道のちょいガレばかりを走ってました。 コースよりウッズとかの方が面白いです。てんちょうさんが言うに池田先生が登ったという 階段に挑戦するも・・・。無理ッす。5段くらいが精20061022130207一杯。20061022130117

  てんちょうさんの練習風景。携帯でうまく撮れませんでした。525にも乗らしてもらいましたが・・・パワーがすごい。

今日は伊達レーシングの皆さんも練習にきてました。やっぱIBは違いますね。簡単そうにテーブルトップやら飛んでますが・・・。すげー真似できんです。親分は来年あっちの世界に行くのかと・・・頑張ってくださいねと祈るばかり。

2006102213112320061022130801 親分からのプレゼント キャサリンセットを身につけている インゲンさんと林さん。馬鹿な親分ですいません。今日来たかったと親分は悔しがってました。

  

20061022151858  終盤 模擬レースをしていた伊達さんたち 早ぇなぁと眺める。あれくらい走れたら楽しいだろうなと うらやましい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

ガレージ訪問

今日はお世話になっている 大先生のガレージとお宅まで訪問させていただき しかも食事までごちそうになるという いやはや身に余る次第で・・・。 聞きたかったモンゴルでの話などいろいろ貴重な体験も聞かせていただいて そのうえ自分のXRのノーマルタイヤを見かねて 中古の(といっても山はかなりある)モトクロスタイヤに履き替えさせても頂いたりと もう一生付いて行きます!といったような状態。

トップレベルの人といっても おごっていたりとか全く無く 逆に気さくにしてもらえて話やすく すごく余裕があるように感じられます。走れば鬼神のように駆け抜けて行きますが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

お金が無い

明日もナイトランになりそうです。そして日曜はTGTと・・・。休む暇も無い。

それ以上に辛いのが パーツやら消耗品で消えて行くお金・・・。オフ乗り始める前に ハーレーよりパーツも安いしお金もかからんと言われて乗り始めてみたものの 結局こまごまと余計に出て行く始末。 タバコも酒もギャンブルもしないから切り詰めて行くところがない。最終的に食費になるわけで。

そろそろハーレー1台手放す時期が来た模様。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

コソ練 押岡&林道

今日も乗ってます。しかしスタートが遅くて押岡についたのは もう3時過ぎ。まぁ1時間位走れたらいいかなと。今日も厄日でした まずエンジン掛からないし 何度キックしてもダメ。プラグを外すと・・・ご愁傷様です、終わってました。虎の子のイリジウムに換えて・・・1発でOK。ようやく走れる(*^ー゚)v

2006101816531220061018161646_1 真っ黒くろすけでした。

先もちびてるしアカン

 

前回はXRで苦労したんですが 今回は85で挑戦!あらよっとうそみたいに簡単に走れる!ウッズも沢のガレも面白い。美馬の練習にちょうどいい、楽しいわこりゃということで 夜も有るのでブーツは濡らしたくないから温泉前の下りはパスしてUターン逆走でぐるぐると堪能しました。てんちょうさんも見に来てくれて写メも撮ってもらいました。しかし!帰りに悲劇が・・・。押岡ビーナス前でエンジン止まる・・・。まじかよΣ(´Д`lll) はいはい・・・押して帰りますよということで 難関はでしたね。なんぼ85いうても重かった・・・。洗車してもっぺんプラグ外して掃除したらかかりました。疲れた・・・。んで続けてパート2へ

2006101815164820061018151624  親分の壁は大分ならされて簡単になってました。8台が1時間走っただけで存外掘れますね。

  

待ってました!またまた緊張のナイトラン 今回は師匠の師匠 モンゴルの戦士様と二人です。いつもながら自分がご一緒でいいんだろうかと思ってるんですが・・・。まぁ走れるから楽しんでこよう軽い気持ちで行ってます。林道では先に出てもあっという間に追い抜かれてしまう 開けっぷりのよさに石のマシンガンはもう気持ち良いくらいすね。ブレストガードが本来の役割を果たしています。最後の方 ちょろっとマシンを交換してGASに乗らせてもらいましたが・・・。HIDは明るいパワーは凄いしサスも良いで欲しいなぁフルサイズ。だが・・・池田先生の乗ったXRは別物!・・・軽く抜かれてしまいました。やっぱ腕すよ腕。マシンじゃないてことを痛感しましたね。

ご一緒できるのはありがたいんですが もう少し自分もレベルあげないと申し訳無いなぁと思うことしきりでした。またお誘いあればホイホイと行きますけどね。(*´∀`*) キャサリン親分、矢野師匠!早くこっちの世界に来てください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

秋吉台ツーリング

無事帰ってきました ハーレーツーリング。久々ということもあって身体がなまってたのか 帰って犬の散歩して そのまま朝まで爆睡でした。以前は長距離高速移動の場合、風防付きのウルトラで出掛けるというパターンでしたが、今回はまともに風を受けるヘリテイジということも災いしたの2006101406301820061014063609もしれません・・・。はぁ疲れた。

  フェリーの上にて。10年の付き合いになるハーレー仲間の綺麗なサイドカー。父親より年上なんですが気力体力 若いです。

行程は 松山から柳井までフェリー、国道経由で秋吉台~山口市内 湯田温泉にて1泊。日曜、山陽道~しまなみ海道~西条経由の寒風山から吾北に抜けて帰路。走行距離数700キロくらいですかね。バイク8台のサポートカー1台という小隊移動なんで スピードは出さずのんびりと楽しんできました。エンデューロレースと違ってツーリングは天気が命!今回は全日晴天で気温もちょうどと 最高のツーリングでした。

2006101514231120061014134314

ざっと集合写真。景色が無いから なんとも殺風景になりました・・・。

  

2006101515115820061015151214 スタイル重視の下げすぎでワインディングが楽しくない直線馬鹿のマイバイクと、今は日本で発売されてない貴重なPOLICEモデル。これシート高で自分は足が着かない・・・。オーナーは男前のアニキでスタイルも良いから余裕。

ということでレースに参加できず残念でしたが ツーリングは楽しんできました。親分からは土産の催促もあったんですが いつもは土産を買わない主義。というかこいつで出かけると荷物が積めないからあまり買わないんですが お世話になってるから買わないわけにはいけんなと探して見て・・・。親分に似合いそうな土産を発見!これこれと買い求めました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

紅葉秋吉台ツーリング

今晩夜中に出発、日曜夕方帰ってくるツーリングに行ってきます。こちらは須崎のハーレーメンバーにて10台くらい参加。山口県 湯田温泉で宿泊です。

午前1:00に引き地橋に集合ですので今から23:00まで寝ます。親分が心配してくれるだろうから 休憩するごとにメールしましょうか。午前4:00に松山からフェリーに乗って広島まで行きます。これも乗り遅れてないか心配掛けたらいけないので 乗ったら電話しましょうか。

ではレースを楽しんできてください。写真楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

蒼井優

今日からCX系で放送の「Drコトー診療所」にレギュラー出演中の蒼井優さん。見られてる方おりましたらお勧め若手女優ですので要注目です。。岩井監督ファンで「打ち上げ花火・・・」から見ていて 「花とアリス」に出演の蒼井優さんに コロッとやられてしまい今に至っております。映画はチェックしてるんですが 家に地上波が映るTVが無く、Drコトーには興味は無いが 観て見たかった・・・。衛星放送まで待ちます。今年は「ハチクロ」に「フラガール」「虹の女神」と豊作。

http://touch-ds.jp/mediagallery/st50.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

押岡MXパーク3~王子と女神

モトバカ杯まで 後3日ということで 「ど」さんと師匠が下見に行ってるらしく 親分の召集を受け とりあえず遊びに行ってきました。今日は装備も無く 普段着なので自分は見てただけ。200610111637202006101116403720061011164103

 

 

1、左から下りと温泉。2、師匠登場真下へのラインを取って・・・フロントが少し引っかかるも難なくクリア!3、温泉にザブンと颯爽と抜けて行きます。

タイムは1周大体5~6分くらい。師匠によるとスタック無しで余裕とのこと。汗が光ってます 体力は結構消耗するらしい。1時間のレース体力勝負になりそう。スタミナに不安のある親分大丈夫か・・・。

20061011170501

コース中に有る丸太の橋を上るとこ 見た目は普通だが案外曲者で滑る。上で見ていた親分が笑うものだから 手本を見せてもらおうと乗ってもらうと・・・案の定コケてくれました。ひざを擦り剥いて痛がってる図。ネタ提供ありがとうございます。

そして後からてんちょうさんも駆け付け 一部コースでチャレンジャールートを作ろうかという話になり 斜面80度くらい、助走がほとんどなく沢から登ってきてすぐの壁みたいな感じ。行けるかどうか師匠がまずテスト。

20061011172008_1 フロントからまくれあがる。これを見ていたキャサリン親分 わしに任してみ 藤波のテクニックを見せちゃらぁとバトンタッチ。

    20061011172454_120061011172518_120061011172626_1                                                                        20061011172734_1        1、1回目失敗。2、2回目おっと後少し!   3、見事にステップに乗れてます4、長靴王子カッコ良くクリア! 

さすが親分 体重移動もバッチリ!やるときゃ観せてくれます。この後親分は調子に乗って矢野師匠と二人 ここで遊んでます。二人とも負けず嫌いというのがよーく解りました。レースではここはショートカットとして使うようです。最終チェックポイントの見せ場になりそう。我こそはと腕に自信の有る方は挑戦して見てください。

おまけ    押岡MXにもビーナス光臨!テーブルトップを華麗に飛ぶ貴方を祝福してくれます。現地にて確認してください。必見です。お持ち帰りOK?

20061011164754 モトバカ一番の芸術家が作成したそうです。

これに影響された模様。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

1号機 スマートクーペ

これまた一目惚れで買った現在のメインカー スマート。きっかけはハーレー仲間と展示会に行くことになり その方が乗ってきたのがこれ。コロニーで走ってそうなアムロやカミーユが乗っててもおかしくないコミューター。見た目は狭そうだけど室内は 案外広くて2シーターと割り切ってるのも良い。 そしてデザインとコンパクトさにやられて・・・。1週間後には購入と いつでも勢いです。1つの駐車場にバイク4台入れて更に入る車といったら こいつしかないでせう。

F1010027_320061010  折角BRABUS履いてるからBILSTEINに換えて落としたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

押岡MXパーク2

親分と二人で夕方にコースの下見。 てんちょうさんに挨拶して聞くに どうも自分は昨日走ったコースで一部間違っていたみたいで、コーステープも貼っているらしく見てみる事に。

確かにウッズ地帯にテープが巻かれて解りやすくなっていた。そして昨日走ったのより結構な距離があり 一番難所と思われるのがふかふかの土のキャンバーかな。昨日は登れないと思っていたキツイ斜面の登りも助走があって これなら行けるかなといった感じ。思い切って行けということですね。

コース自体ぐるりと1周すると結構長いです。やはり撮影ポイントは下りと温泉が見える所が一番面白い画が撮れそう。天気予報も晴れみたいでいいなぁレース。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

旧久礼坂~地獄の遍路道

押岡コースの後、親分休憩ポイントにて報告と次の任務を頂くことに。親分によると「昨日久礼坂を通ったら旧道を軽の箱バンが走りよったき行ってみいや行けるで」との事。楽しそうだなといそいそ出かけることに・・・。(これが悲劇の始まりだとは)

F1010021_1 確かに旧道は有ったし楽しい林道の始まり。

途中ややガレで落とし穴あり。

片道3.5キロの普通の林道

  

F1010022_1 終盤 本線手前は重機が入って整備してます。

すぐ先は広い広場になってる。昔ジャンプ台を作って遊んでたらしい。親分と師匠

途中には旧国道らしく看板やガードレールも残ってる。  

本線合流地点には虎ロープとパイロンで通行止め。除けて行けるけど舗装は面白くないし 親分に聞いた出口とは違うみたいなので、他に道があるのだろうと探すことにしてUターン。そしてダート入り口から西に続く舗装路を進む。七子峠の方向に行けば道があるんやないかねぇとノー天気に遍路道を旧道と思いこんで前進。バカっぷりを発揮

F1010023_1 手前に遍路道とあったが 2つの轍があるので楽勝。川沿いに進んでしばらくすると又看板が右に行けと出る。

これが激登りでしかも轍1つ。アクセルは戻せない。地獄の1丁目

 

  

F1010024_1  行くしかないと心に決めて激登りを登り切ったとこ。

狭いです。心細いです。行くしかないでしょう。

この先さらに道幅は狭くなる。超苦手

  

F1010025_1 えーと、まだ3時過ぎなんですけど。なんですかこの暗さ。

ライトが光っております。しかし狭い。

竹林なんで落ちる心配がなく気分的には楽。

 

F1010026_4 つづら折れのタイトなターンの連続、またきつい登り。遍路道てのは波介山も似たようなコース設計ですな。足場はしっかりしてるけど・・・暗い。不安でしょうがない。

地獄の2丁目

 

この後開けた休憩ポイントがありベンチもある。そこの看板には「七子峠まで700メートル」とあり よし!あと少しと希望が見える。進んだ先にあったのは僅か3本で作られた丸太の橋・・・。マジかよと嫌々降りてバイクを押して渡る。そして待ちうけたのが・・・・。

F1010027_2 マジかよ×5 親分ここ行ったんかえ・・・。

うそやろ・・・。無理やで。∑( ̄□ ̄;)

ありえねぇ×3 泣く泣く引き返すことに・・・。

石段に更に丸太の階段とくらぁ。

気分はブルーで引き返し慎重に行こうとしたのが悪かったのか、あろう事か丸太橋の手前でバランスを崩してバイクを横倒!ヤバイ×10 ありえんやろ・・・。Σ(゜ロ゜;)!!もうプチパニックすよ。リカバリーしようとすればするほどバイクは沢に落ちて行くし・・・。( 引き上げるのは無理と判断して最後には沢にバイクを引きずり下ろしました)脳裏にはこの前の脱藩の道の恐怖が蘇り。すでに時間は4時過ぎ・・・。になってこの道を帰るのは更に危険だと判断し 早い内にと親分にヘルプ!

自分「すいません・・・落ちました」

親分「どこに」

自分「えーと・・・川みたいなとこに」

親分「待ちよりや!ロープ持って暫時いくき!」

助かった。この時ばかりは神様に見えましたよ。一安心して落ち着いて冷静になり 周りを観察して落ちた沢周辺を エンデューロコースを作るかの如く、をのこぎりでなぎ払いしていると・・・。ん?見える・・・見えるぞ!(゚∀゚)ラインが出来た。落ちた沢で岩石と格闘しながらなんとか 崖を渡り道へ復帰!やった!

親分が到着した時は復帰しており 大変申し訳なく、とりあえず事故現場の検証をして頂き まだ下りがあるので安心できず待ってもらいの、下山は難なく行けたので レストパークにてお疲れ会を開いて 無事帰ってきました。お手数掛けました。 親分が困ったことがあれば 赤兎馬に跨り千里の道も駆けつけます。ありがとうございました。

日頃の師匠との訓練が役に立ったのは 狭い道でのUターンに 用意しといたのこぎりに助けられました。ひとりでゲロは行きません。誰か生きたい方がおれば道案内は致します。 今日ものうじゅう のうじゅう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

押岡MXパーク

草刈後コースが完成したということで走ってきました。店長さんにご挨拶に行ったんですが 不在でしたので 勝手に走らせてもらいました すみません。今回 XRにて挑戦しましたが 初めてで道もわからず轍を頼りに走った事もあり バタバタとつまずきながら ようやく1周できた感じです。しかしコース自体 慣れたら 沢あり、ウッズあり、竹林と変化に富んでいて適度な難所といい大変 楽しいです。まさに自然の地形を活かしたエンデューロコース。20061008133547      20061008133739

左が沼地帯 色が不気味

最初の沢ポイント。一部温泉で 右足からドボンといきました・・・。グチュグチュ。

  

2006100813472020061008135701_1  

左 ウッズの細い道。

右 まさか・・ここは登らんでしょ助走なしの崖。どうやらコースではなさそうでホッ (コースのようです・・・まじですかΣ(゜ロ゜;)!!) 次の日に確認するとマシンより奥、沢沿いからまっすぐに助走があり登れます。傾斜はキツイです。

 20061008135909 20061008140221 

左 左は崖 画像上の段に本コースウッズです。

右 竹林越えて出たキャンバー走行地帯落ちたらこうなります・・丸太でもがく

  

20061008140545_2  親分の竹林にて発見!やばいです 多分トラップですね。男の心理をついています。これでハンドルを取られること間違い無いでしょう。 それとも参加者へのお土産でしょうか 拾ってる間に抜く作戦か・・・。

 

 

20061008141221F1010020 左 激くだりを下から撮影。2本ラインがあり手前が斜めになっていて下りやすいかも。実際上から見たら沢に下りるので怖いです。傾斜も急

右 すぐにある押岡温泉。マシンもどっぷり腰下まで浸かれます。蒸気吹きました。次の水路が曲者、トレールは地上高低いんで ステップ擦り走行。

上手い人だったらスタックなしで行けるんじゃないでしょうか テクニカルで面白いです。今度は85で挑戦してみたいです。レース当日はツーリングで参加できないのが悔やまれますが 皆様楽しめるでしょうね うらやましい。次の開催には必ず参加します。   

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

愛車3号XR230

最近夜な夜な連れ出されている XR230 まだ新車おろしから1年。しかし外装はというと・・・去年の美馬エンデューロで何十回とコケて、飛ばして、ボロボロ。さらに追い討ちをかけるように最近のゲロ訓練にて酷使しております。20061003083533 20061003083622

 

後で赤の外装が良かったかなと

もう手放すのは諦めて 潰れるまでこいつとは長い付き合いになりそうです。矢野師匠のCRM位乗り続けられたらいいのですが。 85に乗り始めてダートで乗るより通勤で活躍していたのでレース用に履かせていたエンデューロタイヤの山が無くなって、ノーマルに戻したんですが 最近は夜間訓練、林道も楽しくなってきたので又 タイヤを変えようかなと思案中。

20061003083708  

慣らし後外しておいたノーマル。

 

85にXRにと次から次と お金が飛んで行く・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

四国の道~太平洋編

毎日 ゲロと山ばかりで暗いからたまには明るくしなさいと 親分からの注文により 本日四国の道みち 太平洋バージョンを収めてきました。

20061006141929_2    

台風で波が高いです。

 

今日は天気も良くてツーリングには最高でしたね。

CB_1   

 どこの海やらわからない

  

これで撮影ポイントが判ったらすごいです。

20061006142030_1  

 

 

 電線が・・・惜しい

また懲りずに日曜はプチゲロに挑戦してきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

モンゴルの戦士にお会いする

今日はスペシャルなゲスト モンゴルラリー2位の池田さんとご一緒させていただきました。こんな凄い人と走って良いものなのかと不安と期待でしたが 気さくに話していただき とてもいい経験になりました 今後の修行にも身が入るというものです。場所は2回目となる佐川から越知に抜ける林道 ステージ123でしたが 今回トラブルが続き ステージ1までで そこからは脱藩の道入り口から帰途につくという残念な走りになってしまいました。

林道入り口で 矢野師匠のチェーンが外れ スプロケに噛み込むというトラブル。しかし流石師匠 道具も万全で 池田さんと師匠手馴れたもの見事に直して再度スタートしたが 今度は池田さんのHIDの調子が悪くサブライトのみになってしまったり その後も 矢野師匠のキャブから燃料が漏れるという事態になりトラブル三昧。

しかし 池田さんの走りを真近で見られたのは良い経験になりました。開けっぷりの良さに驚き、後ろにいると石のマシンガン状態。 何年かかっても 追いつけなさそうなレベルでした。いやはや凄いです。

SSERにお誘いを受けたんですが 来年辺り挑戦して見たいなぁと 甘い考えをしております。(^-^*)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

続・脱藩の道~梼原街道

今日は梼原方面にて前から気になってる林道 とりあえず入り口だけ。20061003111128

 

マップで見るとダートぽいけど

そして、脱藩の道の続き。太郎川公園横の整備された歩道ですな。さすがにここをバイクで走るわけにはいくまい 通報されます。

2006100312514020061003125151    

遊歩道です関所とは大違い

 

こちらは坂の途中にもある脱藩の道。この前まで草ぼうぼうで整備もされてなかったんですが、今日見て驚き。草は刈られて砂利まで敷かれているし、もうすぐ脱藩の道ウォークなどのイベントでもあるんですかね。まぁこちらもバイクで走るのはヒンシュクかいます。

2006100312554820061003125608    

見違えるほど綺麗に整備されてる

 

明日は 休みなんで気が向いたらちょっくらお昼のサムライ街道に 行ってみます。どこまでいけるやら・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

バセットハウンド ♂

家の同居人ならぬ同居犬。今日で1歳11ヶ月人間に換算するとおよそ25歳くらい。

01_1 自己紹介

名前 ガフ ♂  犬種 バセットハウンド 体重29キロ

得意技 コースも走れるモトクロス犬。上りは得意 下りが苦手。 蓮池と四万十制覇。

 

散歩して良く間違われるのが ビーグル。毛色がトライカラーで似てるんですが 異なるのが大きさと 長い耳にぶっとい頑丈な足。若くしてすでに 老け顔が特徴の頑固者のかわいらしいやつです。短毛ながら抜け毛は年中通して 結構抜けるので掃除が大変。前は病院に連れて行くときなどスマートに乗せて 掃除が面倒で嫌だったのですが 今はトランポのアクティがあるので バイクに犬にと重宝してます。

階段は上ることは出来ても降りることが出来ないから 2階の自室で飼っているので散歩のたびに 自分が抱きかかえて降ろすんですが・・・。重い。 まぁ降ろしてくれぇ。はよ散歩行くぞーと身構えるポーズがかわいらしいので許しておきましょう。

余裕があったら 彼女も見つけてやり たいんですが・・・。今は1匹で精一杯。毎日一緒に暮らしてる 息子みたいなもんです。

 

3_1

2_2

1_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

夜間スクール

またまた、懲りずに矢野師匠と共に夜間訓練です。今日の予定は3つのルート。名前だけは聞いたことのあったところで走るのは初めて。不安と期待の出発です。001

出発式。親分もかけつけてくれました。

ナンバー付き手に入れて行きましょう。

レッスン1「サムライ街道」

噂のビーナスの館を拝んでからGO! もう入り口からして暗い・・・。最初の難関、滑りやすい路面と苔の生えた岩にリアが食いつかず 少し傾斜のきつい上りでなんとか師匠に押してもらいクリア。その後は倒木と大きな石やらでフロントは取られて逆ハンで吹き飛ばされそうになったりと なかなかハード。最近、人の入った形跡も無く、草も虫もすごいです。半分くらい来た所で2本の大きな倒木に阻まれ 止む無く勇気の撤退。のこぎりで切ったりしてたんですけどね・・・。まぁまだ先はあるということで。

レッスン2「ビバ」

まずは目的の林道手前 果物を運んだりするトロッコがある山の斜面のタイヤ幅しか無い所を通る訳で・・・。まだここは前哨線で本番はここから、道幅はあるが登りの斜面、ふかふかの土にこぶし大の石がごろごろしてて サスのリバウンドでふらつきながら 一度止まるとなんせ前に進まない 路面をかきむしるだけ。今日一番の難所。ここも師匠にサポートしてもらいクリア。そして本線は また倒木で進めず草の生い茂るわき道へ迂回してなんとか 目的地の頂上へ。ここがすごい景色。パラグライダーのフライト場で広いエリアに芝が敷き詰められて一面が見渡せる。眼下に広がる土佐市の夜景は素晴らしいの一言。ここは隠れ夜景スポットです。Photo

  

 夜景が写せなくて残念。

レッスン3「おやま」

ここはアップダウンのある比較的走りやすい道で 厄介なのはセメントの舗装とダートの繋ぎ目に出来てる段差。知らずに突っ込んでフロントから強打(´A`。 あぶねぇ前転するところだったぁ。他は難なく コースを走ってるような面白い道です。ここへ来る前までに経験したことに比べたら楽勝♪ そして休憩地点の頂上に階段があり そこも下ったりして遊んで (その昔キャサリン親分はきゃッほーと上り下りを楽しんでいたらしいですが自分には無理!かなりの段数でした。) 下山。これもなかなか面白いです。

その後 休憩して話したりしながら 帰りついたのは午前4時・・・。のうじゅうしました。

お昼まで寝て 今日は85のミッションオイル交換とタンクの清掃。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »